Life is Party

一人の理系大学生が考えていることとか気になったことをまとめます。

週末台湾旅行[荷造り・空港編]

先日、金、土、日の3日間で台湾旅行に行ってきました。

久々の海外旅行、そして初台湾だったので、日記がてら綴っていこうかなと思います。

今回は荷造り・出発の様子を書いていこう。

 

LCCと荷物準備

今回使った航空会社はバニラエア。いわゆる格安航空

バニラエアには、3つくらいの料金プランがあって、その中でも一番安いものを選んだ。

一番安いと主に何が犠牲になるかというと

・席の指定ができない

・荷物預かりが有料

あたりだ。

 

席の指定は個人的にいいとしても、荷物預かり有料というのが少しプレッシャーだった。

2泊3日とはいえ、心配性の僕の荷物は膨らむ膨らむ。

制限としては、身の回り品+手荷物の合計で7kg。そして手荷物にも大きさの制限がしっかりとついている。

僕はサイズ規定に収まるようなスーツケースは持ってなかったので、ボストンバッグに荷物を詰めることにした。ボストンバッグだと、軽い、変形でき、あたりが大きなメリットになるだろう。スーツケースだと、持ち手とかキャスターの分大きくなるから、その辺気にしないといけないよね。

そして、もう一つ、身の回り品というふわっとした括りが僕をまた不安にさせた。

 

 

身の回り品ってなんだ?

 

 

公式サイトには、「ハンドバッグ、PCバッグなど」と書いてあった。つまり、相当小さいものを想定してるらしい。

いやー、正直、そんなもの持ってたところで、荷物の容量足りないかなって思った。ボストン一つに全部詰め込むのは色々無理があるでしょ。

ってことで勝負の気持ちでいつも通学に使っているリュックを身の回り品とすることにした。

 

初上陸。成田空港第3ターミナル

今回は成田発の便。調べたところ、バニラエアは成田空港の第3ターミナルから出ているそうだ。

第3ターミナルは行ったことなかったから、どんな感じかワクワクしていた。

 

行ってみると、まぁ割と新しめだなっていう印象。

そんで、なんか渋い笑

なんだろう。殺風景?みたいな?

本当に、「飛行機が出発、到着する場所!」みたいな感じ

 

バニラエア。天井が無骨。

f:id:chucky0620:20181018234504j:plain

 

中の施設としてはコンビニ、本屋さん、おみやげ物屋、フードコートがあった。

どれもそんなに大きくなかったから、すぐ暇になった。

 

 

 

これがフードコートの様子。f:id:chucky0620:20181018234553j:plain

 

思ったのが、かなりベンチが少ないこと。

ソファはこのフードコート前にあったものしかなかったはず。流石に写真は一部だから、もう少し横に広がってたけど、みんな荷物大きいし、座るところ探すのに苦労した。

一応第2ターミナルまでバスも出てるし、歩いてもいけるから時間潰そうとすればできるんだけど、朝の便だったし、人が多くてこむのが怖くて移動はしなかった。

 

いざ、チェックイン

さぁ、いよいよチェックイン。

国際線は2時間前からチェックインできるから、余裕を持ってその時間にはついていた。

バニラエア、始まった瞬間えらい列作ってるなって思ったら、チェックインする前に全員が手荷物の重さ測ってるのね。全員測ってから、荷物預ける人はカウンター、預けない人は機械でチェックインって形になってた。

あまりにも混んでたから、係の人が並んでる人の軽そうな身の回り品には前もって、重量オッケーのシール貼ってました。

僕もリュックは貼ってもらえたんだけど、ボストンはちょっと持ち上げられて、「一応重さ測ってください」って言われて貼ってもらえなかった。

いよいよ重量を測ってみると、リュック、ボストン合わせて6.9kg!!!

危ない!!

ギリギリセーフだったわ〜。

 

 

 

っていうのはグレーで、本当はペットボトルとカーディガンは手に持ってました。

まぁペットボトルはどっちにしろ持ち込めないし、カーディガンは着ればいいんだけど、忙しいのもあって、そこまで厳しくはなさそうだった。

あと、身の回り品にリュックは大丈夫でしたよ

 

出発

無事チェックインを終えて、あとは出発時間までだらだらした。結構暇だったな。

時間ビミョかったから移動はできなかったけど、夕方の便とかで余裕持って行く人は絶対他のターミナルに移動した方が楽しいと思う。

 

それじゃ、台湾での話はまた次回で!

f:id:chucky0620:20181018235532j:plain

 

おしまい