Life is Party

一人の理系大学生が考えていることとか気になったことをまとめます。

博多の屋台は異世界が広がっていた

 

 

先日、旅行で福岡に行って来た。

福岡は、中3の修学旅行で行った以来である。

その日は博多周辺を観光する予定で、調べてみると博多は夜に屋台が出て、それが有名らしいということで、その日の夕飯は屋台にしようと決めていた。

 

 

屋台のイメージ

まず、屋台の経験値が全くない。

屋台ってなんだ??

お祭りに出てる出店も屋台って呼ぶ。でも絶対にあんな感じではない。

皆がイメージしやすいのは、サザエさんでよく波平さんが、ラーメンやおでんを食べながら日本酒を飲んでるイメージ。

カウンターを挟んで大将と向かい合って座って食べている。

本当にあんな感じの屋台が歩道に出店しているらしいのだ。

 

 

いざ、夜の街へ。

僕はビビっていた。

とてもビビっていた。

屋台に入るには暖簾をくぐらなければいけない。

その暖簾をくぐるのがとても怖かった。

ちゃんと注文できるか?隣の人は怖くないか?大将と意思疎通できるか?

 

ビビリな僕は結局、観光ガイドやサイトで、人気な屋台を調べていくことにした。

 

1件目は「小金ちゃん」という屋台へ。

 

f:id:chucky0620:20180403082823j:image

いざ、目的の屋台に着くとそこにはなんと行列。

すごい、屋台に入るためにこんなに並ぶのか。

しかし、せっかく来たので並んでみよう。

あまりにも並んでいるため、注文は並んでいるうちに紙に書いて、店員さんに渡しておくシステム。

実に合理的だ。

 

 

ついに

待つこと実に40分。

ついに、あの暖簾をくぐることができた!

そこは予想以上に異世界であった。

貫禄のある大将と女将さん。年季の入ったカウンター。カウンターの前に広がるおでんの入れ物。横を見れば酒を楽しむ客。

暖簾の中はまるで時代すらも違うような、暖かい世界が広がっていた。

 

 

実食

頼んだのは、瓶ビール、おでん、焼きラーメン

ここは焼きラーメンが有名な店らしく、ほかのお客さんも必ず頼んでいた。

焼きラーメンは作るのにおそらく時間がかかるだろうと思い、待ってる間におでんをつまみながらビールを飲んでいた。

最高だ。吹いてくる夜風も屋台ならではである。

 

そして目的の焼きラーメンが到着。

焼きそばのようだが、そこにはとろとろの餡がかかっている。

 

とても美味しかった。

味は何にも喩え難いが、美味しいことは確かだ。

あれは是非食べておくべき一品である。

 

 

屋台といえばはしごでしょ!

並ぶときに注文を書くシステムだったが、いざ中に入ってしまえば追加注文は可能であった。

 

しかし、やっぱり屋台といえばはしごのイメージ。

1件目でお腹いっぱいになるのは乙であるため、お会計を済ませて次の屋台へ向かうこととした。

 

2件目

「ぴょんきち」

1口餃子、明太玉子焼き、麦焼酎

 

3件目

「てっちゃん」

博多ラーメン

 

 

こんな感じで、3件の屋台を堪能して、この日の夜は終了。

 

 

 

感想

初体験の屋台は、最初はやっぱりハードルが高かった。

しかし、いいか悪いかはわからないが、常連の地元の人よりも観光客が多い印象だった。そのため、初めての人も割と入りやすかった。

実際に入ってみると、その先には暖かい世界が広がっており、病みつきになること間違い無い。

博多を訪れた時はぜひ立ち寄って、最高の夜を過ごしてみてほしい。

 

 

おしまい